日焼け止めのSPFとPAの意味 勘違いしていませんか?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めのSPFとPAの意味 勘違いしていませんか?



日焼け止めのパッケージに書かれている、SPFやPAという文字。

数値が高いほど、日焼け止めの効果が高いという意味に捉えられでいることが多いのですが、本当のところ何を意味しているのでしょうか?


紫外線B波のカット力を示す「SPF」

SPFとは、紫外線B波をカットする能力を示す数値。
紫外線を浴びてから日焼けが始まるまでの時間を、どの程度伸ばせるかという目安を示しています。



例えば、日を浴びてから日焼けが始めるまでに10分かかるA子さんという方がいたとします。

そのA子さんがSPF30の日焼け止めを使った場合、何もつけていないときに比べ、日焼けが始まるまでの時間を30倍伸ばすことができます。

具体的には10分×30で、日焼までの時間を300分伸ばせるという計算です。



ややこしいのは、人によって日焼けをする時間に差があるということ。

日焼けをするまでに10分かかる人と20分かかる人では、同じSPF30の日焼け止めを使ったとしても、日焼けを延ばせる時間には違いが出てきます。

10分×30=300分
20分×30=600分


よく、数値が高いほど強い紫外線をカットできると勘違いしている人がいますが、SPFの数値が示しているのは日焼けまでの時間をどの程度伸ばせるかという目安。

勘違いしないように注意しましょう。
SPFの数値が低い日焼け止めの場合は、効果を保つためにこまめな塗りなおしが必要です。



紫外線A波のカット効果を示す「PA」

次にPAについて。
PAとは紫外線A派のカット効果をあらわす目安です。

PAのうしろにプラスを記載することで、カット効果の強さの程度を示しています。

+が多いほど、A波をカットする効果が高いということです。
PA+から最大でPA++++までが設定されています。



実は紫外線C波というものも存在する

紫外線A波もしくは紫外線B波については、よく取り上げられるので多くの方がご存知だと思いますが、紫外線にはC波も存在します。

紫外線C波は、A波やB波よりも肌に大きなダメージを与えるもの。
とはいえ、紫外線C波のほとんどはオゾン層で吸収されるため、地表まで届くことはないといわれていました。

しかし、近年のオゾン層破壊によって、紫外線C波が地表に届いてしまう恐れがあるかもしれないことが懸念されています。



これを聞いたときにはとても心配になり、紫外線C波のカットを謳った日焼け止めはないのかと探してみましたが、見当たらず。

とはいえ、地表にはほとんど届いておらず今のところは心配は無さそうです。

今後対策の必要が出てきたら、紫外線C波のカットを謳った日焼け止めも販売されるのだろうと思います。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp