日焼け止めはなぜ日焼けを防止できる?日焼け止めの原理について解説:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めはなぜ日焼けを防止できる?日焼け止めの原理について解説



日焼け止めで日焼けを防ぐことができる。
当たり前のように考えていますが、なぜ日焼け止めを塗ると日に焼けるの防ぐことができるのでしょうか。

主に日焼け止めには、紫外線を吸収する紫外線吸収剤と呼ばれる成分と、紫外線を反射する紫外線散乱剤と呼ばれる成分が使われています。

いずれも紫外線を吸収、もしくは反射させることで肌に紫外線ダメージが及ばないようにするためのものです。


紫外線吸収剤には紫外線を吸収する働きがある

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで化学変化を起こさせて別のエネルギーへ変換、放出します。

そうすることで、肌に直接紫外線ダメージが及ばないようにします。



紫外線吸収剤を使った日焼け止めの特徴としては、紫外線B波をカットするSPF値を高くしやすいという点があげられます。

また白浮きが少なく、キシキシする感じやベタつきが少ないものが多いのですが、やや肌に負担となりやすいのが欠点。

安全性については製品発売前に確認されてはいると思いますが、肌が弱い方は注意が必要です。



紫外線散乱剤は紫外線を反射させる働きがある

紫外線散乱剤は、物質を肌の表面に並べることで紫外線を反射し、肌に紫外線ダメージが及ばないようにします。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めよりも使い心地が穏やかであるため、敏感肌の方にも使いやすいです。

ただし、白浮きしやすかったりきしみを感じたりと、紫外線吸収剤の日焼け止めに比べると使い心地が悪いことが多いという欠点があります。



紫外線散乱剤、紫外線吸収剤、どっちが良いのか?

どちらの日焼け止めも、正しく使えばちゃんと日焼け止め効果は得られるため、好みのほうを利用するとよいでしょう。

ただ日常的に利用する場合は、肌に負担が小さい紫外線散乱剤を使った日焼け止めがベター。逆に山や海などレジャーに出かける場合には、SPF値が高く塗りなおしがしやすい紫外線吸収剤を使った日焼け止めを用いるとよいでしょう。



私自身は、自宅にいる場合や短時間しか出かけない場合は、SPF20から30程度の紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを使ってい
ます。

一方で外出が長い時や、日がきつい場所に出かける場合には、朝に紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを使い、日中は紫外線吸収剤を使用したスプレータイプの日焼け止めで塗り直しをしています。

日焼け止めだけでなく、日傘やサングラスなども欠かしません。
これだけと決めてしまわずに、臨機応変に使い分けると良いでしょう。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp