日焼け止めやメイク 塗る順番に決まりはある?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めやメイク 塗る順番に決まりはある?



紫外線は肌の敵。
そんなわけで外出時には日焼け止めが欠かせませんが、メイクをする時ってどうしていますか?

メイクといっても様々な方法がありますが、例えば下地をつけてファンデーションを塗っているような方の場合、日焼け止めはどこでつければよいのでしょうか。

個人的には、日焼け止め効果のある下地を使えば…と思うのですが、なかにはお気に入りの下地があるため、日焼け止めとは別に下地も使いたいなんて方もおられます。

日焼け止めを塗る順番に、決まりはあるのでしょうか?


下地と日焼け止め どっちが先でもよい

実は日焼け止めや下地を塗る順番には、特に決まりはありません。

ただ、日焼け止めを先に塗り、その上に下地やファンデーションのせたほうが綺麗には仕上がりやすいのだとか。

もともと、下地はファンデを上にのせることを想定して作られているから、という理由です。



ただし、日焼け止めを一番下に塗ると、汗や皮脂による化粧崩れが起きやすくなるため、ファンデーションには皮脂を吸着するような成分が含まれたものを利用するのがベター。

ファンデーション塗ったあと、色のつかないパウダーをはたくのも良いでしょう。



日焼け止めを後に塗った方が日焼け止め効果は発揮されやすい

日焼け止めのUVカット効果を最大限発揮させたい場合は、下地の上に日焼け止めをのせたほうが、UVカット効果を高められます。

日焼け止めに使われている成分の内容にもよりますが、日焼け止めを上にした方が紫外線が成分に触れやすいからです。

UVカット効果が高まる以外にも、日焼け止めが直接肌に触れないため、肌荒れも起こしにくいというメリットも得られます。


結局、どの順番で塗るのがよいのか

結論として、メイクをきれいに見せたいのなら日焼け止め、下地、ファンデーションの順番で、UVカット効果を期待するのなら
下地、日焼け止め、ファンデーションの順番で使うと良いでしょう。

ただ先にも書きましたが、夏場は下地や日焼け止めを重ねて塗るよりも、UV効果を持つ下地を利用したほうがメイク崩れを起こしにくく、また顔が白っぽくなることもなくきれいに仕上がりやすいと思います。

年中同じ下地を使いたいという方もおられるかもしれませんが、夏場のみ、UV効果のある下地に切り替えてみてはいかがでしょうか?


関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp