落としきれない日焼け止めは害 使う前には落とし方も確認すること:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

落としきれない日焼け止めは害 使う前には落とし方も確認すること



日焼けを防止するために日焼け止めを毎日せっせと塗っている…なんて方、少なくないと思います。

紫外線をきにするのなら、日焼け止めは毎日塗った方が良いですが、
落とし方が雑だったりして日焼け止めの成分が肌に残ってしまうと、肌に余計な負担をかけてしまいます。

特に、ウォータープルーフなどの落ちにくい日焼け止めを使った日は、注意が必要です。


日焼け止めを使う前に、落とし方を確認する

日焼け止めにはクリームや乳液タイプのもの、ジェルタイプ、ローション、パウダー、スプレーなど様々なタイプの製品が存在します。

肌に優しいことを謳った製品では、石鹸やお湯で落とせるものも多いですが、ウォータープルーフ処方が施された日焼け止めは、普通に洗っただけでは落ちてくれないことも珍しくはありません。

日焼け止めをきちんと落とせていないと肌に負担をかけるばかりか、肌荒れを起こしたり毛穴を詰まらせて炎症を起こしてしまうなど、肌トラブルが起こる可能性もあります。

必ず、日焼け止めに書かれている落とし方を確認し、しっかりと落とすようにしましょう。

日焼け止めの成分が問題なかったとしても、しっかり洗わないと落とせないために、洗うことによって肌荒れを起こしてしまう可能性があるため、肌が弱い方は、できるだけ落としやすい日焼け止めを選ぶようにした方が良いでしょう。

以下のサイトも参考になります。

市販の「石鹸で落ちる」日焼け止め、落とし方を徹底調査。実は…
子供の日焼け止めが落ちない!落とし方は?石鹸で落とせるタイプも…


日焼け止めは何で落とせば良い?

日焼け止めには主にお湯や石鹸で落とせるもの、メイク落としで落とせるもの、また専用のクレンジングが必要なものもあります。

最近は、ウォータープルーフの日焼け止めであっても、石鹸で落とせるようなものも見かけますが、いちど洗っただけでは完全に落ちない場合もあります。

必ず肌を洗った後に、肌の状態をよく確認するようにしてください。



落ちにくくてもゴシゴシこすらないで

日焼け止めはしっかり落とさなくてはいけません。

とは言っても、ゴシゴシこするような洗い方では肌を傷めてしまいますし、洗うたびに摩擦を続けることにより、色素沈着をおこしてしまうかもしれません。



泡立てて利用するタイプのクレンジングや石鹸は、しっかりと泡立てて泡にコシをだしてから、その泡で肌をこするような感じで丁寧に洗うようにしましょう。

またクレンジング剤やメイク落としで洗う場合も、肌をゴシゴシこすっていけません。肌の表面を軽く撫でるような感じでクルクルと丁寧に洗ってください。

小鼻周りに日焼け止めが残りやすいため、顔を洗った後は必ずチェックするようにします。



日焼け止めを落とした後は念入りな保湿が必要

顔や体に限らず、日焼け止めを落とした後はしっかりと保湿します。

日焼け止めを落とした痕の肌は、潤いを保つための皮脂が残っていない状態です。
そのような状態で放っておくと乾燥を招き、いずれは肌トラブルへつながる恐れがあります。

顔に化粧水を塗らない人はあまりいないと思いますが、普段、体には何も塗ってないという方もおられるかもしれません。

そんな方であっても、体の日焼け止めを丁寧に洗い落とした後は、必ず念入りに保湿を行なうようにしてください。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp