日焼け止めだけでは紫外線カット効果は小さい?パウダーも使う必要がある?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めだけでは紫外線カット効果は小さい?パウダーも使う必要がある?



日焼けは気になるけれど、毎日メイクをするのは肌に負担がかかりそうで気が引ける…なんて理由より、日焼け止めだけを使っている方もおられると思います。

しっかりと塗れているのなら問題ないと思いたい所ですが、中には日焼け止めだけでは不十分、日焼け止めを使った上にファンデなどを使ったほうが効果が高いという声もあります。

日焼け止めだけでは、紫外線カット効果は低いのでしょうか。


日焼け止めだけでも紫外線カット効果は得られる

効果の程度については利用する製品によって異なりますが、日焼け止めのみの利用であっても、紫外線カット効果は得られます。

ファンデなどのパウダーを使わなければ、効果がない、また効果が低いということはありません。

もしパウダーを使わなければ効果が低いのだとしたら、体の日焼けを防止する場合にもパウダーを使わなければいけないことになりますが、体に日焼け止め塗った際にパウダーを使う方はあまりませんよね?

それでも日焼けはちゃんと防止できているはずです。


実際は日焼け止めだけよりもパウダーを使ったほうが効果は高い

日焼け止めだけのみでも、紫外線カット効果は得られます。

しかし日焼け止めだけを肌に塗るよりも、日焼け止めを使った上にファンデなどのパウダーを重ねた方が、日焼け止め効果が高いことは事実です。

日焼け止めだけを利用した場合、日焼け止めに含まれる成分によって紫外線をカットしますが、
日焼け止めの上にファンデを重ねれば、ファンデによる紫外線カット効果も得られます。

パウダー自体、紫外線を反射させる効果がありますから、日焼け止め単品で利用するよりも、パウダーを組み合わせたほうが効果が高いというのはウソではありません。


パウダーは日焼け止め効果を長持ちさせる

製品にもよりますが、日焼け止めのなかにはべたつきのあるものや、ややゆるいテクスチャーのものも存在します。

そういった日焼け止めを利用する場合は、上からパウダーを重ねたほうが余分な油分を吸収させることができるため、日焼け止めが崩れにくくなります。

時間の経過によって出てくる皮脂も吸収してくれますから、日焼け止めのみを利用した場合よりも、日焼け止め効果を長持ちさせられるはずです。



なおパウダーといっても、何もファンデーションを利用する必要はありません。

毛穴を塞ぐ感じが嫌な方は、シルクパウダーなどの軽めのパウダーをはたいておくとよいでしょう。

100%のシルクパウダーには美容効果もあるため、お勧めです。



どんな方法で使っても日焼け止めは塗り直さなくてはならない

日焼け止めだけを使う場合も、日焼け止めにパウダーを組み合わせて使う場合も、日焼け止め効果を持続させるためには一定時間ごとに塗り直しが必要です。

メイクをしていて日焼け止めを塗り直しにくい場合は、スプレータイプの日焼け止めでメイクの上から塗り直しをするか、それができない場合はファンデーションをやや厚めに重ね塗りしておくと、日焼け止めの効果を得られます。


関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp