飛行機内への日焼け止めスプレーの持ち込みはOK?NG?持ち込む際のルールは?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

飛行機内への日焼け止めスプレーの持ち込みはOK?NG?持ち込む際のルールは?



暑い時期の旅行には必須の日焼け止め。
国内旅行はもちろんですが、特に海外へ出かける場合には、自分の肌にあった日焼け止めをちゃんと持っていきたいもの。

向こうに着いたらすぐに使いたいからという理由より、日焼け止めを機内に持ち込みたいと思われる方もおられるかもしれませんが、乳液タイプなどの日焼け止めならばともかく、日焼け止めスプレーって飛行機に持ち込めるものなのでしょうか?



一応、日焼け止めスプレーは機内へ持ち込める

例えば防水スプレーや、ガスボンベタイプのスプレーは危険物として扱われるため、機内への持ち込みが禁止されています。

しかし、日焼け止めスプレーは化粧品(液体)に分類されるため、高圧ガスタイプのスプレーでなければ持ち込んでも問題はありません。

ただし国内線と国際線、それぞれで機内持ち込みの条件が設定されているため、そのルールに則った方法で持ちこまなければなりません。



国内線の機内へ日焼け止めスプレーを持ちこむ場合

国内線では、日焼け止めスプレーは液体に分類されるため、1つあたり500ml以下、また一人あたり合計2リットル以下であれば、化粧品などと一緒に機内に持ち込むことができます。

日焼け止めスプレー1つで、500ml(または500g)の容量を超えてしまうことはないでしょうから、まず問題ないと思います。


国際線の機内へ日焼け止めスプレーを持ちこむ場合

次に国際線。
国際線でも日焼け止めスプレーは液体として分類されます。

ただし国内線とは異なり、1つ当たり100ml(100g)以下でなければ機内へは持ち込めません。



また機内に持ち込むには、日焼け止めスプレーを中身が見えるプラスチック製の袋に入れる必要があります。

機内へ持ち込むプラスチック製の袋は1人につき1つのみとなるため、日焼け止めスプレー以外に化粧品などを持ち込む場合は、まとめて入れるようにしましょう。

まとめて持ち込む場合、合計1L以内に収める必要がありますのでご注意ください。



なお利用する線によっては、一人当たり100ml以下の化粧品を1つしか持ち込めない場合もあります。

複数の液体(化粧品類)を持ち込む予定があるのなら、事前に確認しておいたほうが安心です。



ルールが変わる場合もある

海外旅行などで飛行機を乗り継ぐ際、それぞれの航空会社ごとのルールが異なるために、途中で日焼け止めスプレーが没収されてしまう場合があります。

また通常問題のないスプレーであっても、一時的な理由で急に持ち込みが禁止になる可能性もあるため、特に理由が無いのならできるだけスーツケースの中に日焼け止めをスプレーを入れ、受託荷物として預けた方が確実かもしれません。

その際、荷物を荒く扱われる可能性があるため、中身が漏れないように密封しておいてください。



スプレー類の持ち込みに関しては、持ちこんでも良いと聞いていた場合でもNGとなるケースがたまにあるようです。

旅先で調達しても構わないというのならばともかく、絶対に自前の日焼け止めを利用したいという方は、スプレータイプの日焼け止め以外にも日焼け止めを持参した方が安心です。


関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp