驚きの安さ!100均の日焼け止め でも100円で本当に大丈夫なのか?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

驚きの安さ!100均の日焼け止め でも100円で本当に大丈夫なのか?



日焼け止めって、製品によって値段差が大きいです。

1つ4〜5000円で販売されているような高いものもあれば、なんと百均で買えるような安いものもあります。

日常的に使うものですから、安く済ませられるのなら安く済ませたいところですが、例えば百均で販売されているような100円の日焼け止めでも、きちんと日焼け止め効果を得られるのでしょうか?

また、高い日焼け止めとの違いは?



百均の日焼け止め、といってもいろいろある

百均の日焼け止めと一口に言っても、様々なタイプの製品が販売されています。

一般的な日焼け止めと同じようにSPF値やPAが記載されているものもあれば、そのような記載が一切ないものもあります。

さすがに、SPFやPAがわからない日焼け止めは本当に効果があるかわからないため、使わない方が良いですが、SPFやPAの記載があれば一応効果はあると考えて良いでしょう。


効果はあるかもしれないけれど添加物などの成分が心配

100円の日焼け止めであっても、SPFやPAの記載があれば、その数値だけの効果はあると考えて良いと思います。

が、所詮100円のものは100円なりの中身です。
できるだけ安く仕上げるために、どのような添加物が使われているかわかりません。



私が以前、興味があって購入した百均の日焼け止めはSPF30、PA+という表示がありました。

原材料の表示もきちんとありましたが、その中身は紫外線吸収剤とよばれる成分をはじめ、よくわからない添加物や防腐剤などがほとんどで、保湿成分などはほとんど含まれていませんでした。

まあ、もともと多くの日焼け止めには添加物や防腐剤が使われていますので、百均だから・・という事はないと思いますが、やはり価格が安いため、保湿や美容系の成分は最低限にしか配合できないのでしょう。

実際に使ってみましたが、日焼け止め効果の有無はともかく、とにかく日焼け止めならではの乾燥がひどく、一度しか使わずに使わなくなったのを覚えています。


高い日焼け止めとの大きな違いは肌への負担

肌質によって日焼け止めの合う合わないはありますので、百均の日焼け止めだから乾燥しやすい、肌に悪いなどとは一概に言えません。

ただ、天然成分を多く利用したものや、できるだけ肌に刺激を与えない工夫を施した日焼け止めなどにくらべると、やはり肌によくないものはたくさん使われていると思います。

高い製品には贅沢な美容成分が含まれているものも多く、高いなりの価値があるんですよね。じゃなきゃ、誰も買いませんよね?

毎日使うものだからこそ、ある程度成分にはこだわりましょう。



使い心地が優しくて安い日焼け止めは他にもある

さすがに、4〜5000円もするような日焼け止めは気軽に買えませんが、ドラッグストアやネットを見れば1000円もしない価格で、そこそこ使い心地の優しい日焼け止めが販売されています。

さすがに100円はありませんが、それ程高くない価格で紫外線散乱剤を使用した日焼け止めや、添加物を控えた日焼け止めが手に入ります。

毎日使うものだからコストダウンできれば嬉しいところではありますが、「日焼け防止できているのかな」「肌荒れしないかな」などと不安になりながら使うのはストレスですし、紫外線を防ぎきれなくて日焼けしたりシミが出来てしまったとしたら、目も当てられません。

将来の肌のためにも、ある程度の出費は仕方がないと考えて日焼け止めを選ぶようにしましょう。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp