日焼け止めにも使用期限はある?開封した日焼け止めは来シーズンも使える?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めにも使用期限はある?開封した日焼け止めは来シーズンも使える?



日焼け止めの使用期限って、意識したことがありますか?

毎日外出するような方なら、開封した日焼け止めもすぐに使い切ってしまうかもしれませんが、逆に屋内ばかりにいるような方だと、シーズン中に日焼け止めを使い切ることは難しいかもしれません。

また海や山へのレジャー用に買った、SPF値の高い日焼け止めも毎日使うようなものではありませんから、やはり余ってしまいますよね。

この余った日焼け止め、来年シーズンも使いたいところですが、今年開封した日焼け止めを来年の夏にも使うことはできるのでしょうか?



正しく保管すれば来シーズンも利用できる

先に答えを言ってしまうと、開封した日焼け止めは次のシーズンにも問題なく利用できます。

一応、日焼け止めはそのシーズンで使い切ってしまうことを前提に販売されていますが、防腐剤が含まれているものがほとんどであるため、1年程度であれば持ちますし日焼け止めの効果もなくなりません。

もちろん、保管状態が悪ければ中身が劣化してしまう可能性があるため、保管時は直射日光に当たらない冷暗所へ置いておくようにしましょう。



もし、昨年の日焼け止めの蓋を開けた際におかしな匂いがしたり、色が変わっていたりしたら使わない方が無難です。

中身が劣化してしまっている可能性がありますので、もったいないですが破棄しましょう。


無添加の日焼け止めは例外

最近は肌へのやさしさを謳った無添加の日焼け止めも増えましたが、無添加の日焼け止めに関しては、開封したものは今シーズン中に使ってしまうようにしましょう。

無添加といっても何が無添加であるのかにもよりますが、多くの無添加の日焼け止めには、一般的な日焼け止めに配合されているような防腐剤が使われていないため、使用期限が長くありません。

防腐効果のある天然成分が使われている場合もありますが、通常の防腐剤に比べると効果は高くはなく、変質しやすいです。

開封後の長期保管で中身が変質してしまう恐れがあるため、開封してから1シーズンを越した日焼け止めは使用しない方が無難です。

肌のことを考えて買った無添加の日焼け止めなのに、それで肌トラブルを起こしては元も子もありません。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp