「美白」を極める前に「日焼け止め」を極める必要がある理由:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

「美白」を極める前に「日焼け止め」を極める必要がある理由



美白化粧品を使っていらっしゃる方、多いですよね。

かくをいう私も、あれこれ目移りして種類を変えてはいるものの、いつも何らかの美白化粧品を使用しています。

美白化粧品というと、シミを消したり色白肌にしてくれるというイメージが強いですが、
本当のところ、美白化粧品を使っているだけでシミが消えることは稀、というか難しいでしょう。


美白化粧品を使うと肌が弱くなる

美白化粧品を使うと、肌が紫外線に弱くなるということご存知でしょうか。

ものによってその程度には差はありますが、美白化粧品に含まれる美白成分には、肌内部でメラニンが生成されるのを抑制する作用があります。

メラニンは紫外線から肌を守るために大切な役割を果たす物質ですが、過剰に生成される過ぎるとシミの原因にもなります。

そういった理由から美白成分でメラニン生成を抑え、シミやそばかすができるのを防ごうとするのが美白化粧品です。



しかし、紫外線から肌を守るための物質が生成されなくなると、当然ですが肌が紫外線の害を直接受けてしまいやすくなるんですよね。

肌が紫外線の害を受けるとどうなるのでしょうか?

強い紫外線を浴びた場合、かえってシミを作る原因にもなりますし、将来的に皮膚ガンになる可能性を高める原因にもなります。

もちろん、美白化粧品を使ったとしてもメラニンが全く生成されなくなるわけではありません。また美白成分によっても
その作用の強さは異なります。

ですので美白化粧品を使ったからといって、必ずしも肌が紫外線に弱くなってしまうと限りませんが、注意しないに越したことはないといえるでしょう。



とにかく紫外線カットを心がける

美白化粧品を利用するとメラニン生成が抑制されます。その状態だと肌が紫外線に弱くなってしまうため、普段以上に紫外線対策を心がけるようにしなければなりません。

特にハイドロキノンのようなメラニン生成抑制力が強い美白成分を利用する場合には、日焼け止めは欠かせないと考えるべき。

例えば夜間のみのハイドロキノンの利用であっても、ハイドロキノンの作用は日中も続いているため、日中の日焼け止めは欠かしてはいけません。(以下サイトも参考に)

ハイドロキノン利用時はこれ以上にないくらいUV対策を徹底すること!その理由
ハイドロキノンの美白効果 後で後悔しないために!正しい使い方や疑問点、副作用のまとめ


ここでは例としてハイドロキノンをあげましたが、その他の美白成分を配合した美白化粧品を利用する場合にも、日焼け止めは欠かさないようにしましょう。


関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp