赤ちゃんや子供にも日焼け止めは必要?おすすめの製品は?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

赤ちゃんや子供にも日焼け止めは必要?おすすめの製品は?



紫外線は体に悪い。

今では常識となりつつありますが、例えば赤ちゃんや子供にも日焼け止めは必要なのでしょうか?



子供にも日焼け止めは塗ったほうがよい

最初に結論から言ってしまうと、赤ちゃんや子供にも日焼け止めは必要です。

紫外線によってダメージを受けるのは、大人の肌だけではありません。むしろ、赤ちゃんや小さな子供の方がダメージをうけやすいとも言えます。

ただ、いくら紫外線が肌に悪いとはいっても、赤ちゃんや子供の肌には日焼け止めの負担の方が心配。なんて方もおられるでしょう。

もちろんその通りで、大人が利用するような添加物満載の日焼け止めは使わない方が良いです。



まだ肌が弱い赤ちゃんや小さな子供には、できるだけ無添加や肌に優しいことを謳った日焼け止めを使うようにしてください。

SPF値の高い日焼け止めは必要ありません。



塗りやすい日焼け止めが良い

赤ちゃんや小さな子供はじっとしていません。

日焼け止めを塗ること自体大変なのに、塗りにくい日焼け止めだと時間がかかり、子供の機嫌も悪くなってしまいます。

肌に優しい日焼け止めを利用することは大切ですが、塗りやすさも考慮するようにしましょう。

乳液タイプやオイルタイプなど、柔らかいテクスチャーのものがお勧めです。



べた付く日焼け止めは厳禁

赤ちゃんはともかく、小さな子供は砂場で遊んだりすることもあると思います。

べたつきやすい日焼け止めだと、細かい砂や埃が肌に引っ付いてしまいやすくなるため、できるだけさらっとした質感に仕上がる日焼け止めがオススメ。

塗ったあとにべたつきが気になるようであれば、軽くパウダーをはたいてあげるとよいでしょう。



赤ちゃんや小さな子供にも使える日焼け止め おすすめは?

最近は、赤ちゃんや小さな子供にも使える日焼け止めが増えました。それだけ、紫外線対策が重要視されているのでしょう。

そんな中でもオススメなのは、オーガニックの成分を使用した日焼け止め。

例えばアロベビーやソレオオーガニックス、またヴェレダが日本限定で販売しているエーデルワイス UVプロテクトと呼ばれる日焼け止めなどもおすすめです。

アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml




soleo ソレオ オーガニックス




ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト





いずれも肌に負担がかかる成分を配合しておらず、毎日でも使えます。使い心地が良い点も魅力です。

特にソレオ オーガニックスやヴェレダの日焼け止めは、紫外線散乱剤タイプの日焼け止めであるのにもかかわらず、白浮きが気になりにくいため、大人の化粧下地にも適しています。



赤ちゃんの日焼け止めの利用は6ヶ月以降から

大抵の日焼け止めのパッケージに記載されていると思いますが、通常赤ちゃんに日焼け止めを利用する場合は、6ヶ月以降からにしてください。

小さいうちはまだ肌のバリア機能が十分ではないため、日焼け止め自体が肌の負担になってしまう可能性があります。

といっても、6ヶ月以前に毎日あちこち出かけるようなことはないでしょうから、それ以前に使えなくても特に問題はないと思います。

ある程度の月例になるまでは、ベビーカーの日よけカバーなどで日差しを遮るようにし、外出が増える6ヶ月以降から、日焼け止めを利用するようにしましょう。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp