日焼け止めBBファンデのおすすめは? 日焼け止めとファンデを塗り重ねるよりも楽:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めBBファンデのおすすめは? 日焼け止めとファンデを塗り重ねるよりも楽



日焼け止めを塗った上に、ファンデなどでメイクをしている人は少なくないと思います。

日焼け止めの紫外線カットとファンデーションの紫外線カットの相乗効果で、高い紫外線防止効果が臨めることには間違いないのですが、このやり方だとメイクが厚くなりがち。

特に夏場だと皮膚を覆っている感がハンパなく、不快だったりします。


そんな場合に便利なのが、日焼け止め効果を持ったBBファンデ。

1つで美容液や下地、ファンデーションなど何役も兼ねられることに加えて、SPF値が高いものも少なくはなく、活用されている方は多いのではないでしょうか?



BBファンデーションとリキッドファンデーションの違いは?

BBファンデーションとリキッドファンデーション、非常に似ているように思いますがこれらの違いはなんでしょうか。


BBファンデーションは、もともとは肌の炎症や傷跡を保護するクリームとして開発されたもの。美容成分を豊富に含み、ファンデだけではなく美容液の役割も兼ねてくれる便利なアイテムです。

一方でリキッドファンデーションは、パウダーファンデーションと同じように、肌の質感や色の補正を目的とするもの。

BBファンデのように様々な機能を兼ねるものではありません。


では、スキンケアを楽に済ませたい人はBBファンデ、単純にリキッド状のファンデを利用したい方にはリキッドファンデ・・と考えてしまいそうになりますが、最近販売されているBBファンデやキットファンデーションは違いが曖昧になってきており、先にあげたような選び方が正しいとは限りません。

BBファンデであっても肌色の補正機能の高いものや、美容成分を豊富に含むリキッドファンデーションなどもたくさん販売されています。

ですので、製品を選ぶ際はBBファンデかリキッドファンデかという考え方ではなく、使い心地や成分で決めるとよいでしょう。



普段遣いのBBファンデーションにはSPF値が低めのものが○

BBファンデーションといってもその成分は様々。
しっかりとメイクできるものもあれば、肌への優しさを重視したようなBBファンデも存在します。

当然ですが、美容成分が豊富なBBファンデではあっても、SPF値の高い製品は肌に負担をかけます。

あくまでも、普段使うものはSPF値が低めで、かつ肌に負担となる成分が使われていないものを選ぶようにしましょう。



場面別!おすすめのBBファンデーションは?

場面別に、おすすめのBBファンデをご紹介します。


日常遣いするBBファンデーションは、SPF20〜30程度のものが適当。
その程度のSPF値のBBファンデであれば、肌にそれほど負担のないものも多いです。

ただし日差しのきつい日に外出する場合は、もう少しSPF値の高いものを選ぶか、塗り直しをまめに行う必要があります。

キュレル BBミルク 明るい肌色 30ml

新品価格
¥1,383から
(2017/8/3 11:51時点)




アテニアBBクリーム




キュレルのBBクリームはやや色が暗めに出やすいため、明るめのものを選ぶのがおすすめ。

メイクのカバー力はそれ程期待できないのですが、落としやすいので敏感肌の方の日常使いに適しています。

アテニアのBBクリームは、薄付きながらカバー力があります。

BBクリームはどちらかというと顔が暗くなりやすいのですが、本製品には顔色をよく見せるための粒子を配合するという隠しピンク設計で、くすみのある顔を血色よく見せてくれます。

UV効果はSPF30 PA+++と肌に穏やか。
ストレッチファイバー配合によって化粧崩れし難いこと、またお値段もお手頃であるため、日常でしっかり目にメイクしたい日におすすめの製品です。





海や山など、日差しのきつい場所に出かける場合には、SPF40から50以上のBBファンデーションを選ぶようにしましょう。

アネッサ フェースサンスクリーンBB ナチュラル (自然~濃いめな肌色) (SPF50 ・PA ) 30g

新品価格
¥2,074から
(2017/8/3 11:47時点)




モイストラボ BBエッセンスクリーム (ナチュラルベージュ) 33g

新品価格
¥862から
(2017/8/3 11:59時点)




様々な製品が存在しますが、私自身はアネッサのフェイスサンスクリーンBBという製品が気に入っています。

アネッサの高SPF値の日焼け止めは、いずれもとても評価が高いですが、このフェイスサンスクリーンBBも使いやすさで定評があります。薄づきで使用感がよいのも魅力です。

人によって肌に合う、合わないはあるものの、特に陽射しのきつい場所へ出かけるときには、確実に信頼できる製品でしょう。



もう1点、モイストラボのBBクリームは、明色化粧品というメーカーが販売している製品なのですが、このメーカーの製品は安価な割に使い心地の良いものが多く、このBBクリームに限らず人気が高いです。

宣伝が少ない分、安くできるのかなと思っています。(広告費がかからないので)

紫外線吸収剤は使用しているようですが、高SPF値である事、またウォータープルーフなど、価格の割に機能豊富でコスパは高いです。




BBファンデーションの上にパウダーをはたくと日焼け止め効果が長持ちしやすい

BBファンデーションは、それひとつでメイクが完結するとても便利なものですが、美容成分がたくさん含まれているため、皮脂分泌の多い方だとメイクが崩れやすいという欠点もあります。



皮脂が多いという自覚がある方は、BBファンデーションを塗った上で、パウダーを薄くはたいてみてください。

日焼け止めとファンデーションを重ね塗りするのが嫌でBBファンデを使っているのに、それでは意味がないのでは・・・と思われるかもしれませんが、パウダーをこってり塗る必要はありません。

あくまでも皮脂の多い部分のみ、表面を軽く押さえる程度でOK。パウダーの皮脂吸収効果で、メイクが崩れるのを防いでくれます。

パウダーをはたくと肌の質感も良くなるため、おすすめです。




ちなみに、パウダーは何を使えばよいのか・・・という点ですが、私は以下の製品を使っています。





微粒子シルク・ベースパウダー(マンデイムーン)



製品というか、化粧品材料なのですが、市販の製品よりもかなり安く、余計な混ざりものがないパウダーが手に入るため、様々な場面で重宝しています。

ただし、あくまでも材料であるため、パウダーのケースはありません。(アルミのパッケージで届きます)

このメーカーではパウダーのケースなども販売していますが、百均でも似たようなものが手に入ります。

ちょうど良い大きさのものを探してみてください。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp