肌に優しい日焼け止めが本当に肌に優しいとは限らない:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

肌に優しい日焼け止めが本当に肌に優しいとは限らない



ノンケミカルとか、紫外線吸収剤不使用などと書かれた日焼け止め、日焼け止めの成分にこだわっている方には魅力に感じられるようです。

確かに肌には優しいのかもしれません。

しかし、肌に優しい成分だからといって快適に利用できるとは限らず、かえって肌に負担をかけてしまう可能性もあるということを最近実感しています。



肌に優しい日焼け止めの代名詞・・?「紫外線吸収剤不使用」

紫外線吸収剤不使用というと、なんとなく肌に優しい印象を受けますよね。

紫外線吸収剤は高SPFを実現しやすく、紫外線カットに関しては高い性能を持っていますが、肌に負担をかけます。

一方で、紫外線散乱剤を使った日焼け止めはしっかりと量を塗る必要がありはするものの、どちらかというと肌には優しい使い心地。

そんなことから、日常遣いするものは紫外線散乱剤を使った日焼け止め、言い方を変えると紫外線吸収剤不使用の日焼け止めという方が多いようです。




ただ、紫外線散乱剤を配合した日焼け止めって、ほぼ例外なく塗った後にベタつきを感じるものが多いのですよね。

使用感も、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めなどに比べると重めのものが多いです。




特有の肌を塞ぐ感触も気持ちの良いものではありませんが、特にベタつく日焼け止めはたまりません。

ただでさえ夏は暑くて汗でベタベタしやすいというのに、さらに日焼け止めでベタついてしまっては不快極まりないです。

けれどふき取ってしまうと、紫外線カット力は落ちてしまいます。
顔ならパウダーで抑えるなどの方法もありますが、体全体にパウダーをはたくのは現実的ではありません。

この日焼け止めのベタベタに、辟易してしまった経験があるという方は少なくないのではないでしょうか。




例えば私の場合、赤ちゃんでも使えるという肌に優しい日焼け止めを使用して、そのベタつきのせいで肌にかゆみが出てしまった経験があります。

肌がべたべたしていると埃が付きやすくなり、ついた埃に反応してかゆみが出てしまったのであって、日焼け止め自体が悪いわけではないと思いますが、こんなにべた付きのある日焼け止め、本当に赤ちゃんでも使えるのだろうかと疑問に思った記憶があります。

実際、べた付きでかゆみが誘発されるという方、結構多いのですよね。
かゆみは肌のトラブルの原因となる可能性があることを考えると、テクスチャーなどの使用感は無視できないといえるでしょう。


日焼け止めは使いやすさも重要 成分だけではダメ

紫外線吸収剤を使った日焼け止めは肌に負担をかけやすいため、頻繁に利用するのはお勧めできません。

ただ、最近は紫外線吸収剤をマイクロカプセルでコーティングすることで、肌に直接触れないようにした製品なども出てきています。

ですので、紫外線吸収剤が配合されているかといって、必ずしも肌に負担が大きいとは限らないのです。



肌への優しさに固執するのは悪いことではありませんが、日焼け止めは肌に直接塗るものであるだけに、使用感の悪い製品は使っていてストレスが溜まります。

肌へのやさしさと使い心地を天秤にかけた上で、本当の意味で自分に優しい日焼け止めを使いたいものです。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp