日焼け止めを塗っていても腕カバーや日傘で日差しは遮るべき!:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めを塗っていても腕カバーや日傘で日差しは遮るべき!



日焼け止めを塗っているから日差しを浴びても大丈夫、なんて考えてる人は少なくないようです。

確かに日焼け止めを塗っていれば、日差しを浴びても紫外線はカットできますが、100%カットできるわけではありません。

また、日焼け止めは時間が経てば経つほど効果が落ちていきます。



例えば、紫外線吸収剤を配合した日焼け止めであれば、紫外線を浴びて肌の上の紫外線吸収剤が化学変化を起こしてしまうと、紫外線をカットする効果がなくなります。

また紫外線散乱剤を配合した日焼け止めは、散乱剤が肌の上に乗った状態を保てるのなら、紫外線カット効果は比較的長持ちしやすいですが、汗をかいたり皮膚をこすったりすると成分が流れたりよれたりしてしまうため、やはり紫外線カット効果は落ちます。

ですので、日焼け止めを塗っていたとしても、出来る限り日傘や腕カバーなどで日差しをさえぎったほうが安心であるといえるでしょう。

日焼け止めで全ての紫外線をカットするというよりは、日傘や腕カバーで日差しを遮った上で、カットしきれない紫外線を日焼け止めで防ぐ…なんて風に考えてみてください。



日傘や腕カバーを活用する ただし何でもよいというわけではない

先の文章を読んで、日傘や腕カバーを用意しようと思われた方もおられるかもしれませんが、製品を選ぶ際の注意点があります。

日傘や腕カバーは、できるだけ紫外線カット加工がなされているものを用意しましょう。




紫外線カット加工のあるものとそうでないものでは、紫外線の透過率(通り抜ける割合)が大きく異なってきます。

紫外線の透過率は素材によっても異なるのですが、例えば薄く真っ白な生地を使って作られた日傘は紫外線の透過率が高く、多くの紫外線が日傘を通り抜けて肌に到達してしまいます。

しかし紫外線カット加工がなされていれば、そのような素材であっても大部分の紫外線をカットすることができます。




日傘の例をお話ししましたが、普段着ている服でもそうです。

生地が薄く、白っぽいほど紫外線を通してしまいやすいため、服で隠れている部分にもかかわらず焼けてしまった…なんてことが起こります

夏場だと、厚みがあって黒っぽい服よりも、生地が薄く白っぽい服を着る方が多いのではないかと思いますが、その格好だと紫外線を防ぎきることができません。

服で隠れている部分は大丈夫、なんて安心しないようにしましょう。



紫外線カット加工の有無を確認する癖をつける

日差しを遮るグッズを買うときには、必ず紫外線カット加工がなされているかどうかを確認する癖を付けましょう。

せっかく暑いのを我慢して、真夏にパーカーを羽織ったり腕カバーをつけていたとしても、紫外線を通しやすい素材でできていたとしたらその効果は半減してしまいます。

最近は、日差しを遮るアイテムに関しては、高い確率で紫外線カット加工がされていることが多いですが、例えば百均で販売されているような腕カバーは要注意。

紫外線カット加工がなされていない場合がありますので、購入前に確認してください。




紫外線カット用のスプレーを使うのもあり

紫外線カット加工がなされていない衣服やアイテムであっても、専用の洗剤やスプレーを用いることで、紫外線カット効果を追加できます。

紫外線カット加工がなされた衣類であっても、その加工の仕方によっては洗濯を行うごとに効果が落ちていくこともありますから、1つ用意しておくと安心かもしれません。


UVカット 洗濯洗剤 液体 ベビーフローラルの香り 本体 800ml

新品価格
¥573から
(2017/8/8 17:27時点)




KAWAGUCHI 衣類の紫外線カットースプレー 420ml

新品価格
¥1,404から
(2017/8/8 17:29時点)





なお、色落ちしやすい衣類などものに利用できない場合があるため、判断がつかない場合は、まず見えない部分に利用してみるようにしましょう。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp