日焼け止めサプリメントは高い… 食事で日焼けを予防できない?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めサプリメントは高い… 食事で日焼けを予防できない?



飲む日焼け止めサプリメントが流行っていますが、様々な成分が入っているからなのか、結構高くありませんか?

こういうサプリメントは続けてこそ意味がありますが、長く続けるには高すぎる…。

なんて理由より、日焼け止めサプリメントに興味はあるものの、手が出ないという方は少なからずおられるはずです。

そんな方は、日焼け止めサプリメントの摂取を考えるのではなく、日焼け止め効果が期待できる成分を食事から摂ることを考えてみてはいかがでしょうか?




日焼け止めサプリメントには何が含まれる?

日焼け止めサプリメントには、ニュートロックスサンやフェーンブロックなどの日焼け止め効果を持つ要となる成分をはじめ、活性酸素の除去が期待できるリコピンやビタミン類、なかには美容成分が含まれているものもあるようです。

成分にもよりますが、リコピンやビタミン類のサプリメントが比較的安価に手に入ることを考えると、高価なのはニュートロックスサンやフェーンブロックなどの日焼け止めの成分であったり、美容成分だと考えられます。

そのような成分を普段の食事からとるのは、多分難しいでしょう。



ただ、例えばリコピンやビタミン類なら比較的簡単に摂取できます。

リコピンやビタミンは、主に抗酸化作用による活性酸素除去効果などを期待して配合されていますが、これらの成分を意識して摂取することで、日焼け止めの効果を得ることはできないのでしょうか?




リコピンやビタミン類に日焼け止めの効果は期待できるのか

先にあげた、日焼け止め成分のニュートロックスサンやフェーンブロックには、紫外線を浴びることによって発生した活性酸素の除去や、メラニン生成の抑制作用などによって、紫外線の影響を小さくする効果があるとされています。

活性酸素の除去が目的の一つであるのなら、リコピンや一部のビタミンを摂取した場合にも、同様の効果が期待できるはずです。



特にリコピンは、非常に抗酸化力の高い成分です。
日焼け止めサプリメントに配合されることが多いのも、高い抗酸化作用を期待してのものでしょう。

抗酸化力が高いだけではなく、メラニン生成の抑制作用もあるとされており、日焼け止めサプリメントの代用として活用することには大いに意味があるといえます。



どうやってリコピンを摂取する?

日焼け止め効果を期待してリコピンを摂取するのであれば、たまに摂取する程度ではなく、定期的に摂取する必要があります。

一体、どうやってリコピンを摂取するのが効率的でしょうか?



一般的な食品では、トマトやスイカなどにリコピンは含まれています。

赤いものばっかり・・?
と思われた方もおられるかもしれませんが、正解です。

リコピンは赤色の色素を持つカロテノイドの一種であるため、赤っぽい色味の食品に多く含まれています。

加熱してもほとんど失われないこと、また食べやすい食品であるため、食事にも取り入れやすいのではないでしょうか?

トマト缶やジュースなどを利用すれば、簡単に摂取できてコストもかかりません。


・トマトサラダ
・ミネストローネ
・ラタトゥイユ
・パスタのトマトソース..etc..



多くのカロテノイドがそうであるように、油と組み合わせることによって吸収力が飛躍的に高まるため、油を適度に使った料理がお勧めです。




リコピン効果を体感したいのなら1日15mgを摂取する

リコピンに日焼け止め効果を期待するのなら、1日15mgは摂取した方がよいと言われています。

毎日トマトやスイカなどの食品を摂取するのも良いですが、ちょっと大変・・なんて方には、サプリメントの利用がおススメ。

結局サプリメントなの・・とがっかりされた方もおられるかもしれませんが、製品にもよりますが、リコピンのサプリメントは比較的安価です。


【海外直送品】Life Extension - Mega Lycopene 15 mg - 90ソフトジェル メガ・リコペン

新品価格
¥4,420から
(2017/8/11 14:57時点)




リコピン 20mg(天然トマトエキス) 海外直送品

新品価格
¥1,319から
(2017/8/11 14:58時点)





Life Extensionのリコピン、4,420円ってちょっと高くない?と一瞬思った方もおられるかもですが、15mgのソフトジェルを90粒です。1日1粒(15mg)だとして3か月分なので、正直格安、いや、激安。

よく知るメーカーだという事(海外サプリでは)、またちゃんと容量がはっきりしているという点が良いですね。



補足として、リコピンを毎日摂取するにあたり、別に食事やサプリどちらかに絞る必要はありません。食事からの摂取が難しい時のみサプリメントを利用するといった具合に、TPOにあわせて摂取方法を変えるのが良いのではと思います。




色々摂取したい方には、日焼け止めサプリメントの摂取が効果的

日焼け止めサプリメントは高い、なのでリコピンや抗酸化作用の期待できるビタミン類で代用しよう、なんていうのは利にかなっていると思います。

が、毎日の食材を用意するのにコストをかけたり、複数のサプリメントを組み合わせたりするのであれば、最初から色々な成分が配合された日焼け止めサプリメントを摂取した方が、手軽でコストもかかりません。



栄養素は単独で作用するのではなく、相互にかかわりあって体内で働きます。

多くの日焼け止めサプリメントは、日焼け止めの効果を効率的に得るために、成分の相性なども考慮して設計されているということを考慮すると、価格なりの価値は十分にあるのだと思います。

食事への工夫が面倒であったり、確実に日焼け止め効果を体感したいというのであれば、日焼け止めサプリメントを利用するのもありだといえるでしょう。

効果が期待できる日焼け止めサプリメントについては、以下をご覧下さい。

飲む日焼け止め薬?サプリ?それって何? 体内からの日焼け対策に効果はあるのか




肌に塗る日焼け止めは欠かしてはいけない

リコピンの摂取を心掛けたり、日焼け止めサプリメントを飲んでいても、肌に塗る日焼け止めは欠かしてはいけません。

繰り返しとなりますが、日焼け止めサプリメントは、日焼け止めを塗ってもガードしきれない紫外線の影響をできるだけ小さくするためのもので、紫外線を浴びなかったことにできるわけではありません。

日差しを遮ったり、日焼け止めを塗るなどの外側からの対策が、もっとも効果的な紫外線対策です。

日焼け止めサプリメントは、さらに紫外線対策を強固にするためのオプション的なものだと考えてください。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp