日焼け止めパウダーの日焼け止め効果は緩めに見ておく おすすめの製品は?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めパウダーの日焼け止め効果は緩めに見ておく おすすめの製品は?



日々紫外線対策を心がけている方の中には、使いやすさから日焼け止めパウダーを愛用されている方も少なくないようです。

日焼け止めパウダーとは、その文字通り日焼け止め効果を持つパウダーのこと。

そう聞くとファンデーションのこと?と勘違いしてしまいそうですが、ファンデーションのように肌色補正効果を持つものは少ないです。補正効果があったとしても、ファンデほどではありません。

メイクの仕上げに使用するようなパウダーだと考えると良いでしょう。

日焼け止めパウダー・・・というからには日焼け止め効果はもちろんあるのだと思いますが、その効果がどの程度であるのかが気になるところ。

今回は、日焼け止めパウダーの日焼け止め効果と、使いやすい製品についてお話しします。



日焼け止めパウダーの紫外線カット効果は「一応」高い

パウダーというと、どちらかというと軽い使い心地のものを想像してしまいますが、日焼け止めパウダーに関しては製品によっては国内最高値(SPF50、PA++++)の紫外線カット力を持つものも存在します。

数値だけを見ると、普通の日焼け止めと変わらないようです。

そのように日焼け止め効果がありながらも軽い使い心地であることから、日焼け止めではなくパウダーのみを使用している方も少なくはありません。

パウダーのみの利用だと、落ちにくい日焼け止めやファンデーションを塗ったときのようにがっつり落とさなくても済むため、肌への負担も小さいと思います。



ただ、製品にもよりますが、いくら紫外線カット効果が高いといっても、パウダーだけだと不安です。

なぜなら、パウダーが肌に均一についてくれるとは限らないから。パウダーの隙間を紫外線がすり抜ける可能性は十分に考えられます。



日焼け止めや下地は塗ったほうがよい

日焼け止めパウダーを使う場合には、パウダーの下に日焼け止めや化粧下地を塗っておくことをおすすめします。

使い心地が軽いところが気に入っているのに、日焼け止めや下地を塗ってしまうと重くなる、肌が塞がれた感じになってしまう…なんてパウダー以外のものをつけることに気が進まない方もおられると思いますが、軽い使い心地のパウダーは下地を塗らなければすぐに落ちてしまいますし、ムラになりやすいです。

パウダーが落ちれば当然ですが日焼けしてしまいます。

頻繁にパウダーを塗り直すというのならばともかく、そうでないのなら、パウダーを密着させる日焼け止めや化粧下地は塗っておいた方が安全です。

パウダーが隙間なく肌に密着して初めて、数値通りのSPF値を実現できます。



どちらかというとメイク直しにオススメ

日焼け止めパウダーを単独で使うというのはありだと思いますが、どちらかというとメイク直しにおすすめのアイテムです。

肌色を変えないものが多いため、メイクの上から少々厚めに塗ったとしても厚化粧っぽくはなりませんし、メイクがやや崩れてしまった場合にも、パウダーをはたいておけば、とりあえずは日焼け止めを塗り直したのと同じような効果を保つことができます。

紫外線が強くなる夏場のみ、ファンデの上から日焼け止めパウダーをはたくようにするというのも良いかもしれません。



使いやすい日焼け止めパウダーは?

使いやすい日焼け止めパウダーをご紹介します。

ファンデーションに比べると日焼け止めパウダーには、比較的肌に優しめの成分を使用した製品も多く見受けられるようです。

他メーカーのファンデーションにも合わせやすいため、1つ持っておくと何かと重宝するはずです。


オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)パウダー リフィル&ケースセットA(限定色) SPF50・PA (顔用日焼け止めパウダー)

新品価格
¥2,170から
(2017/8/14 19:26時点)




エトヴォス/ミネラルUVパウダー  ETVOS

新品価格
¥4,200から
(2017/8/14 19:24時点)




カネボウ アリィ ミネラルUVカットパウダー SPF38 PA 10g

新品価格
¥1,625から
(2017/8/14 19:25時点)




ドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダー50

新品価格
¥2,400から
(2017/8/14 19:27時点)




個人的好みなのは、オルビスのパウダー。

若干肌色が付きますので、色を付けたくない方には向きませんが、皮脂にも強く、また肌にも穏やかな使い心地です。(あくまでも私にはですが)

お値段が手頃なのも○。




なお、ここにあげた日焼け止めパウダーは通常、顔に使用することを想定していますが、色のつかないパウダーは首やデコルテなどにも利用できます。

日焼け止めを首周辺に塗るとベタつきが気になること、ありますよね?
髪の毛が首にくっついて気持ち悪かったりするのですが、日焼け止めパウダーはそんなベタつきを抑えるのに重宝します。

ほとんど色がつかないのパウダーであれば服に色移りしにくいですし、紫外線カット効果もアップできて、一石二鳥です。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp