日焼け止めオイルって何?油(オイル)で紫外線カットができるの?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け止めオイルって何?油(オイル)で紫外線カットができるの?



乳液タイプ、クリーム、ジェルなどなど、日焼け止めと一口にいっても様々なタイプ・テクスチャーの製品が存在します。

紫外線対策にこだわりがある方なら、数多くの製品を利用したことがあるのではと思われますが、天然オイルを日焼け止めに利用したことがある方はどの程度おられるでしょうか?

天然オイルとはその文字通り、天然成分100%のオイル。

オイル=油と言うと、逆に日焼けを促してしまいそうなイメージがあるのですが、そんなオイルで紫外線をカットすることができるということ、知っていましたか?



紫外線カット効果を持つオイルとは

天然の植物オイルのなかには、紫外線カット効果を持つものが存在します。

オイルにそんな効果があるなんて驚きですが、紫外線防御効果の高いものでは、SPF値が30以上の日焼け止めと同等の紫外線カット効果を持つオイルも存在するんです。

日焼け止めってケミカルな成分を使用した製品が多いですよね?
しかし紫外線カット効果を持つオイルなら、ノンケミカルで紫外線対策ができてしまいます。

ナチュラル志向の方にはうれしい事実ですが、天然オイルを日焼け止めに利用する場合、気を付けなければならないこともあります。



オイル焼けするのでは?

オイルを日焼け止めとして利用するというと、オイル焼けしてしまわないか心配される方もおられると思います。

オイルの種類にもよりますが、オイルの純度が高くまた酸化しづらいオイルであれば、油焼けの心配はないでしょう。

逆に、不純物が多い低品質オイルや、酸化しやすい性質のオイルは油焼けの心配があるため、使用しない方が無難です。




天然成分であるがゆえに紫外線カット効果は安定しない

先程、SPF30以上の日焼け止めと同等の紫外線カット効果を持つオイルもあると述べましたが、天然のオイルはその元となる植物の状態やオイルの採り方などによって、成分の内容が大きく変わります。

同じオイルであっても、必ず一定の日焼け止め効果を発揮できるとは限らないのです。

また、私たちが避けている紫外線には主に紫外線A波と紫外線B波(UVA、UVB)が存在しており、市販されている日焼け止めはその両方をカットできるような処方となっていますが、ほとんどの天然オイルは紫外線B波のみしかカットできません。

紫外線対策の1つとして加えるというのは悪くないかもしれませんが、天然オイルのみで日々の紫外線対策を行うというのは、ちょっと心許なさそうです。



紫外線対策にオススメ!レッドラズベリーシードオイル

紫外線対策に利用するオイルとしておすすめなのが、レッドラズベリーシードオイル。

ほとんどの天然オイルは紫外線B波しかカットできませんし、その効果もそれほど高くはありませんが、レッドラズベリーシードオイルは紫外線B波に加えてA波を防ぐ作用があるとされています。

またオイルの状態にもよりますが、SPF30〜というそこそこ高いSPF値を実現しているなど、他のオイルと比較して紫外線をカットする作用に優れています。

抗酸化作用を持つ成分がたくさん含まれており、オイルの中では酸化しづらいという点も魅力です。




日焼け止め効果のある天然オイルどこで入手できる?

私がいつも購入している、日焼け止め効果のあるレッドラズベリーシードオイルをご紹介いたします。

リンク先のサイトは化粧品材料他、質の良いオイルを多数扱われている、信頼できるショップです。長年利用しています。





ラズベリーオイル・オーガニック







日焼け止めの関連としてご紹介をしておくと、サンスクリーン原料を使えば自分で日焼け止めを作る事もできます。

リンク先のショップさんではレシピも公開されていますので、興味をお持ちの方は作ってみてはいかがでしょうか?




微粒子サンスクリーン液・油溶性




敏感肌の方などは、日焼け止めを洗顔料(石鹸ふくめ)で落とす行為自体が刺激となってしまいやすいですが、天然のオイルであれば簡単に落とせます。

特にレッドラズベリーシードオイルはべた付きが殆どないため、洗顔料で洗顔するまでもないかもしれません。

洗い落とすのに摩擦が少なくて済むことを思うと、活用するメリットは大きいのではないでしょうか。




天然オイルの日焼け止めと一般的な日焼け止め 使い分けるのがベター

天然オイルに日焼け止め効果があるとはいっても、外出時に天然オイルのみでは心許ないと感じる方がほとんどでしょう。

実際、いくら品質の良いオイルであっても、天然だという以上どの程度の紫外線カット効果を発揮できているのかは定かではありません。

外出時には、一般的な日焼け止めを用いたほうが安全です。

天然オイルは、外出がほとんどない場合やあっても少し庭に出るくらいなど、ほとんど日差しに当たらないような日の日焼け止めとして利用するのが良いと思います。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp