男性も日焼け止めは必要!でも白い肌は苦手・・という方にはセルフタンニングがおすすめ:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

男性も日焼け止めは必要!でも白い肌は苦手・・という方にはセルフタンニングがおすすめ



男性って女性に比べると日焼け止めを利用される方、それほど多くはないですよね。

私の周りに限っては、ほとんどいません。
皆で海に行く際に、焼けて皮がむけるのが嫌だからという理由で顔に日焼け止めを塗っていた方はいましたが、紫外線対策を心掛けているというわけではないようです。

しかし、女性の肌と同じように男性の肌も日焼けによるダメージはしっかりと受けます。強い紫外線を浴び続けていれば、将来的なシミシワの原因にもなりかねません。

それが嫌な場合は、日焼け止めを塗ることです。
しかし日焼け止めはともかく、焼けてる肌の方が好みだという男性は少なくないのですよね。

焼けた肌の方が好きだけれど、日焼けによるダメージはできるだけ防ぎたい…一体どうすれば良いのでしょうか?




肌の老化を促進したくない なら日焼け止めは必要

月並みな言葉ではありますが、紫外線によって肌の老化を促したくないのなら、日焼け止めは必要です。

白い肌を保つ目的ではないのなら、外出が長い場合やレジャーに出かけるときなどくらいは、日焼け止めを利用しましょう。何もしないよりはマシです。

将来、シミやシワに悩みたくないというのなら、最低限のケアは行うことをおすすめします。

軽い日焼け止めの利用に加えて、抗酸化作用の強い成分を含む食べ物を積極的に食べるというのもおすすめ。面倒な方は日焼け止めサプリメントを利用するだけでも違うと思います。

飲む日焼け止め薬?サプリ?それって何? 体内からの日焼け対策に効果はあるのか




白い肌はカッコ悪い?

女性とは異なり、焼けた肌を好む男性は少なくありません。

確かに、肌が焼けている方が引き締まって見えやすいですし、健康的にも見えます。逆に肌が白いと弱々しく見えたり、ともすれば不健康に見える場合もあります。

しかし、だからといって紫外線対策を行わなかったり、肌を焼くのは自ら老化を早めているのと同じ。

でも白い肌は…なんてエンドレスに続いてしまいそうです。
一体どうすれば…?



紫外線の害を防ぎたい、しかし白い肌は嫌だと言うような男性には、セルフタンニングがお勧めです。

タンニングとは日焼けすることを意味する言葉。
言葉だけを見ると「焼いてしまうの?」なんて勘違いしてしまいそうですが、そうではなく、タンニング用のローションなどを使用して肌に色をつけてみてはどうでしょうか?

男性をはじめ、女性にも結構利用されている方、多いですよ。




セルフタンニングローションでいつでもきれいな日焼け肌

セルフタンニング用のローションとは、日焼けをすることなく、焼けたようなきつね色の肌を作るアイテムです。

小麦色の肌を好む女性や男性が多い、海外のほうがメジャーかもしれません。

塗るだけで、きれいなきつね色の肌を実現できること、また塗るのをやめれば1週間程度でもとの肌色に戻すことができるため、一時的なファッションとしても利用できます。







クオリス ブロンズターナー



海外製のセルフタンニングローションは匂いがきついものが多いのですが、この製品は匂いがかなり抑えめであるため、匂いに敏感なかたにおすすめ。




セルフタンニングローション100 150mL





石澤研究所のセルフタンニングローションも、同様の製品の中では有名。匂いも海外製のものほど気になりません。




セルフタンニングローションは使い慣れるまでにはコツがいりますが、紫外線の害は避けたい、でも白い肌は嫌だという男性にはお勧めのアイテムです。

もちろん、ちょっと日焼け肌を試してみたい女性にも便利。
ただし顔に使用する際は、ムラにならないようにだけご注意ください。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp