日焼けしてしまった!日焼け後の保湿の重要性と保湿のしかたについて解説:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼けしてしまった!日焼け後の保湿の重要性と保湿のしかたについて解説



普段徹底的に紫外線に気を付けていても、たまにうっかり日焼けしてしまうこともあるかもしれません。

そんな時、まずは化粧水で肌のほてりを鎮めましょう。なんて言われることが多いのですが、なぜ化粧水?なんて疑問を感じる方もおられると思います。

日ごろから美白を心掛けているかたほど、紫外線を浴びてしまったのだから、すぐにでも美白ケアを始めたいというのが本音ですが、実は日焼け直後に様々な化粧品を塗るのはNG。

日焼けはいい方を変えると肌が火傷している状態。
そんなところにいろいろやっても意味がないどころか、下手をすると害さえ与えかねません。

日焼け後は、まずは保湿を徹底することが重要なのです。



肌は想像以上に水分を失っている とにかく水分補給すること

日焼け後は程度の差こそあれ、肌が火傷しているのと同じような状態です。

想像しているよりも多くの水分が失われて乾燥しやすくなっていること、また肌が炎症を起こしかけて敏感になっているため、肌に刺激を与えないような化粧水を用いて、冷やしながら水分補給を行うことが重要です。



日焼けした肌を、大したケアも行わずにそのまま放っておくと、皮膚がパリパリに渇いてひび割れたり、ひどい場合には火傷をした後のように水泡ができることがあります。

それも日焼けした直後ではなく、1〜2日後にそういった症状が出る事もあるんです。

ケアを適当にすると肌の回復を遅らせてしまったり、バリア機能が落ちて炎症やかゆみなどのトラブルを起こしやすくなります。

トラブル起こしてしまうと美白ケアどころではなくなりますし、炎症などが起こればその刺激による色素沈着なども起こりやすくなります。

回復を早めてあとに美白ケアを行うためにも、まずは基本の化粧水によるケアを徹底的に行うようにしましょう。




日焼け肌にはどんな化粧水を使えばよい?

普段もし、高級な成分をたくさん配合した化粧水を使っているのなら、日焼け後はその化粧水を使わずに、もっと気軽にバシャバシャ使えるような化粧水を用意しましょう。

例えばヘチマ水やアロエなどが使われたシンプルな化粧水や、鎮静効果のある成分を含むものが好ましいでしょう。

意外とそういったシンプルな成分の化粧水は安く、ドラッグストアなどでも購入できるものが多いため、手に入れやすいと思います。

もちろん、肌に刺激を与えやすいケミカルな成分は、できるだけ控えめであるのが望ましいです。


パックスナチュロン フェイシャルローション (化粧水) 100ml

新品価格
¥979から
(2017/8/21 18:18時点)




へちまや群生舎 2016年採取分!天然へちま水 せの200ml

新品価格
¥1,500から
(2017/8/21 18:18時点)




ユゼ 無添加植物性 化粧水 200ml

新品価格
¥584から
(2017/8/21 18:19時点)





個人的に好きなのは、パックスナチュロン(太陽油脂の)のフェイシャルローション。

上にのせているのはさっぱりタイプで、もう一つモイストローションというしっとりタイプもあります。

余計なものが含まれず、かつ必要な潤いはしっかり肌に補給できるなど、シンプルなのに必要な機能は備えているんです。調子が悪くなったらいつもこれ、というくらい長い付き合いです。

パックスナチュロンは日焼け止めは正直言って苦手なのですが、良い製品が多いと思います。




日焼け肌への化粧水の使い方

化粧水は、朝晩のスキンケアだけではなく、日焼けのほてりが収まるまでは頻繁に利用してください。

またその後も、肌が乾燥しているなと思ったら都度、パシャパシャと顔に塗布するようにすると効果的です。

冷やした化粧水を用いて、コットンパックなど行うのも良いですが、パッティングするのではなく、顔に張り付ける程度に留めてください。パッティングは肌の摩擦になりやすく、日焼け後の肌にはよくありません。

もし化粧水だけでは乾燥してしまいそうなときには、純度の高い白色ワセリンの薄く塗ると、肌に刺激を与えずに保湿できます。


サンホワイト P1

新品価格
¥980から
(2017/8/21 18:19時点)





顔に塗るワセリンは、白色ワセリン以上に精製度が高いサンホワイトがおすすめ。
日焼け後の肌はもちろん、肌が敏感になっているときなどにも安心のワセリンです。



日焼け肌 重ねて日焼けしないこと

日焼けをした後に、また出かけることもあるかもしれません。
それは仕方ないとして、日焼けしてしまった肌をまた焼くようなことは絶対に避けてください。

日焼け後の肌は水分が不足しているため、外部からの刺激や紫外線による影響を受けやすくなっています。

そんなところにまた日焼けをしてしまったとしたら、肌へのダメージの大きさははかりしれません。

できるだけ焼けないような環境で肌を休ませることが好ましいのですが、もし出かけなくてはならない場合は紫外線対策を徹底しましょう。



ただし、日焼け止めは場合によっては肌に負担をかけます。

日焼け止めを使う場合はできるだけ肌に優しい日焼け止めを使い、日焼け止めだけではなく日傘や帽子、腕カバーなどを使って、日差しを直接浴びてしまうのを防ぐようにしてください。

敏感肌でも使いやすい日焼け止めは?おすすめの低刺激日焼け止め 5選



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp