日焼け肌の回復を助ける食べものは?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け肌の回復を助ける食べものは?



うっかり日焼けをしてしまったら、まずはスキンケアで肌をケアすることが大切ですが、それと同時に、体の内側からもケアを行うようにしましょう。

意識して日焼け肌に良い栄養素を含む食材を摂取することで、肌の回復の手助けになるはずです。

しかし、何を食べれば良いのかわからないという方もおられますよね。
今回は、日焼け後に摂取したい栄養素、その栄養素を含む食材についてお話しします。



日焼けに良い栄養素は「ビタミンC」

日焼けに効果的な栄養素というと、大抵の方はビタミンCを思い浮かべるのではないかと思いますが、そのイメージ通り、ビタミンCには日焼けしてしまった肌の回復を助ける働きが期待できます。

例えば、紫外線を浴びることによって発生する活性酸素を除去したり、メラニンの生成を抑えるほか、肌の新陳代謝を高める働きを助けるなどなど..etc..。

本当は、ビタミンCは日焼けをする前に摂取しておくのが良いのですが、日焼け後だからといって摂取に意味がないことはありません。

ついうっかり日焼けしてしまった後には、意識して摂取するようにしましょう。



【ビタミンCが多く含まれる食材】

いちご
レモン
アセロラジュース



見ての通り、ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。

加熱で失われてしまいやすい性質を持っているため、生でも楽に食べられる果物などで摂るようにすると効率的です。




ただし、柑橘類やキュウリには光毒性を持つソラレンという物質が含まれており、その物質により日焼けを促してしまう恐れがあるため、日差しにあたる前に口にするのは避けた方が良いでしょう。


【ソラレンを含む食材】

オレンジ
グレープフルーツ
レモン
きゅうり
セロリ
キウイ
いちじく



朝食や昼食に口にすることが多い食材も結構含まれるため、注意が必要です。




ビタミンCだけでなく「ビタミンACE」を摂ろう

日焼け後に摂取すると良いのは、ビタミンCだけではありません。

ビタミンCを日焼け肌のために摂るのなら、ビタミンCと一緒にとることで相乗的な効果が期待できるビタミンAや、ビタミンEの摂取を心掛けることもおすすめです。

これらはいずれも抗酸化作用があり、単独でも肌には良い影響を与えると思われる成分ですが、お互いに助け合って働くという作用もあり、同時に摂取すると単独で摂るよりも効果的に抗酸化作用を発揮してくれるようになります。



【ビタミンAが多く含まれる食材】

レバー
かぼちゃ
ニンジン
うなぎ




【ビタミンEが多く含まれる食材】

アボカド
アーモンド
たらこ
赤ピーマン



比較的、ビタミンACEは食材から摂りやすい成分ではあるのですが、ある程度の量を定期的にとなると食事を考えるのが結構大変。

食事に合わせて、サプリメントの活用をおすすめします。

幸い、これらのビタミンを含むサプリメントは価格が安く入手もしやすいため、毎日摂ったとしてもさほどコストはかかりません。


ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒(30日分)

新品価格
¥351から
(2017/8/22 10:03時点)





注意点として、ビタミンCは水溶性ビタミンであるため少々取りすぎても害はありませんが、ビタミンAやEは脂溶性ビタミンであるため、過剰摂取は禁物。

月並みな言葉ではありますが、サプリメントを摂取するのなら用法容量を守って摂るようにしましょう。





なお、一般的なビタミンCサプリに比べると少し高いのですが、海外製のLypricel(リプライセル)と呼ばれるビタミンCは、美肌を意識する人にはかなりおすすめ。

液状サプリメント ビタミンC1000mg 30包 Lypricel, Liposomal Vitamin C, 30 Packets

新品価格
¥3,610から
(2017/8/22 10:04時点)




リポソーム化(ナノカプセル化)されており、通常のビタミンCと比較して非常に吸収力が高いという特長を持ちます。

ジェル状のビタミンCで、正直不味いのですが(私の場合、水に浮かべて一気飲みしています)、海外製品でありながらリピーターが多く、頻繁に売り切れになるくらい人気は高いです。

予算に余裕があるのなら試してみてください。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp