日焼け肌にお風呂は大丈夫?日焼け後の入浴のコツについて解説:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

日焼け肌にお風呂は大丈夫?日焼け後の入浴のコツについて解説



うっかり日焼けしてしまい、肌が赤くなったりヒリヒリしているとき、お風呂に入ってよいものか迷ってしまいますよね。

日焼けは火傷と同じような状態ですから、入浴はあまりよくないことのように思えてしまうのですが、お風呂に入らないというのは気持ち悪い…

日焼けをした後に、お風呂に入るのはよくない事なのでしょうか?それとも大丈夫?



お風呂が良いか悪いかは日焼けの程度にもよる

日焼けといっても水ぶくれができてしまうような日焼けもあれば、肌の色が少し変わる程度で済むような日焼けもあります。

もし、本当に火傷に近いひどい日焼けをしてしまったのであれば、できれば入浴は控えた方が良いでしょう。

というか、そこまでひどい日焼けをしたのなら、まずは病院で診てもらってお医者様に判断を仰ぐべきです。炎症止めなど、お薬を処方してくれるはずですので、長くつらい思いをせずに済みます。



一方で、日焼けで肌は少しヒリヒリしているけれど、火傷というほどひどい状態ではないような場合は、体調が悪くなければ入浴も可能です。

ただし、日焼け後は体力が落ちているため、体調が悪いと感じる場合は控えましょう。




水かぬるま湯でサッと洗う程度に留めること

お風呂に入っても良いとはいっても、常識から考えて、熱いと感じるくらいのお湯にゆっくり浸かったり、水圧がきついシャワーを浴びるようなことはやめたほうがいいです。

ただでさえ日焼けでダメージを受けている肌に、強い刺激を与えるのは危険。炎症をひどくしてしまう可能性があります。

まあ、多分日焼け後の肌に熱いお湯や水圧の強いシャワーを当てるのは、肌に痛みを感じたりヒリヒリするなどの理由で難しいと思うのですが、痛みを我慢しながら入浴される方って少なくないようなのですよね。

普段入浴時に使用しているような熱いお湯ではなく、できれば水か、肌に当てても温度を感じないくらいのぬるま湯を使用するようにしてください。



なお、肌が極端に乾燥していたり、ヒリヒリするのでなければ石鹸なども利用できますが、大して汚れていないのならぬるま湯で流す程度で済ませた方が良いでしょう。

日焼け後は肌が乾燥しやすくなっています。そこへ脱脂力の強い石鹸やシャンプーなどを利用することで刺激を与えたり、さらに乾燥を進めてしまう恐れもあります。


【日焼け後のお風呂で心掛けること】

・ぬるま湯でさっと洗う
・シャワーを使う場合は水圧を弱めに
・石鹸やシャンプーは基本不要
・ゴシゴシこすらない




日焼け後のお風呂は疲れを取るために入るのではなく、とりあえず体をきれいにするため…と考え、短時間にとどめましょう。




お風呂から上がったあとは保湿を徹底する

入浴後は、日焼けをしてしまった箇所の保湿を徹底してください。

お風呂から上がった直後の肌は、水分にさらされていたことから潤っているように見えますが、洗うことによって皮脂が落ちているため、実は乾燥しやすくなっています。

シンプルな化粧水やワセリンなどを利用し、いつも以上に入念に保湿するようにしましょう。

以下のページには日焼け後の肌に向くシンプルな化粧水や、ワセリンをご紹介していますので、参考にご覧ください。

日焼けしてしまった!日焼け後の保湿の重要性と保湿のしかたについて解説
日焼け後にワセリンを使う 使っていいワセリンとそうでないワセリンについて




肌のほてりが強いようなら、冷蔵庫で冷やした化粧水を利用しても良いでしょう。

ただし化粧水を利用する際、コットンなどでパッティングを行うのは摩擦による刺激が強すぎるため、今は控えてください。

手にとって軽く肌に馴染ませていくか、コットンに化粧水を含ませ、しばらく肌の上に置いてパックするのも効果的です。



おまけ:温泉の効能に「やけど」とあるけど、日焼け肌もOK?

たまに温泉などに行くと、隅のほうにその温泉の効能の記載がありますよね?

その効能の中に「やけど」の項目が含まれていることがあります。
日焼けも火傷の一種ですから、「やけど」の文字を見て、温泉に入ると肌によいのかな?なんて考える方も中にはおられるかもしれません。(というか、そういう方おられます)

しかし、その火傷とはたぶん「火傷跡」のことだと思うのですよね。

まだ、治りかけの時期に入るのならばよいかもしれませんが、日焼けで火傷をした直後に温泉に入るのは、水風呂でもない限り良いことだとは考えられません。

旅行に行って海で焼いたあと、温泉を楽しむ…なんて機会もあるかもしれませんが、肌のことを考えるのなら日焼けした肌を温めるのは避けてください。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp