頭皮が日焼けしてしまった!その影響と正しいケア方法について解説:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

頭皮が日焼けしてしまった!その影響と正しいケア方法について解説



顔や体にはしっかりと日焼け止めを塗っているのに、髪や頭皮は特に何も…なんて人、結構います。

肌が紫外線によって悪い影響を受けやすいように、髪や頭皮も同じように紫外線の影響によってダメージを受けます。

特に頭部は日差しが当たりやすい部分なだけに、ダメージを受けた時の影響は深刻。

今回は、髪や頭皮への紫外線ダメージの影響がどのようなものなのか、また紫外線を浴びてしまったときの対処法、日常で行いたい紫外線対策などについて解説します。



髪や頭皮が紫外線ダメージを受けるとどうなる?

海や山などへ行って長時間日差しを浴びることにより、髪や頭皮が紫外線ダメージを受けるとどうなるのでしょうか?

紫外線には髪の内部に存在する、メラニンを分解する作用があります。

その作用によって髪が脱色したり、また、髪のたんぱく質がダメージを受けて髪表面のキューティクルがはがれやすくなると、髪がパサパサしたり切れてしまいやすくなります。

平たくいうと、紫外線は髪をものすごく傷めるのです。



また頭皮に強い紫外線を浴びると、肌と同じく火傷による炎症を起こしやすくなります。

火傷とまでは行かなくとも乾燥によってフケが増えてしまったり、その後も頭皮の日焼けを繰り返せば、髪を作るための毛母細胞がダメージを受けてしまう可能性もあります。

そうなると髪の育毛環境が悪化し、新しく生えてくる髪がうねって生えてきたり、最悪抜け毛や薄毛の原因にもなりかねません。

特に髪の分け目は日差しをまともに受けるため、紫外線を浴びた時の影響は決して小さくないでしょう。

一時的な髪の傷みや髪の傷みや頭皮の乾燥ならばまだともかく、抜け毛や薄毛に発展してしまうのは困りますよね。




もし頭皮が日焼けしてしまったら

もしうっかり、頭皮を日焼けしてしまったら、とにかく冷やしてください。

肌と同じで、日焼けは火傷と同じ。
何を差し置いても冷やすことを優先します。

冷やし方としては、シャワーで冷水を当てたり(水圧は加減してください)、熱が出たときに利用するアイスノンを優しく当てると良いでしょう。

なるべく刺激を与えてしまわないような方法で冷やします。

もし水ぶくれが出来たり、傷みがひどいような場合は、我慢せずに病院を受診しましょう。症状を和らげるような処置をしてもらえるはずです。



シャンプーや整髪料の利用はNG

頭皮が日焼けしてしまった場合は、シャンプーや整髪料などのヘアケアアイテムを利用してはいけません。

洗浄力の強いシャンプーで洗うとさらに乾燥をひどくしたり、余計な刺激を与えることで症状を悪化させかねません。

髪を洗いたい場合は、水かぬるま湯でさっと汚れを落とすようにしましょう。



冷やした後は保湿

頭皮がある程度冷えたら、今度はシンプルな化粧水などを利用して保湿します。

なるべくさっぱりとしていて余計なものを含まず、抗炎症作用を持つ成分を含む化粧水が好ましいです。

なお保湿するとはいっても、頭皮や髪がべたべたする化粧水はNG。例えば以下のような、さっぱりと保湿できる化粧水がおすすめです。


へちまや群生舎 2016年採取分!天然へちま水 せの200ml

新品価格
¥1,500から
(2017/8/25 14:23時点)




どくだみ化粧水

新品価格
¥350から
(2017/8/25 14:36時点)




ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

新品価格
¥498から
(2017/8/25 14:40時点)








髪は一度傷んだら元には戻らない

髪はすでに死んだ細胞の集まりであるため、日焼けなどで傷めてしまうと、元の健康な状態には戻りにくいです。

が、タンパク質の補修作用を持つトリートメントなどでケアを行っていくことで、少なくとも見た目は整えられます。



個人的に、タンパク質の補修作用を持つトリートメントでお勧めなのは、シュワルツコフという美容院専売の製品。

以前通っていた美容院で売ってもらっていたのですが、ネットでも買えます。

価格は、その辺で売っているトリートメントよりは若干高いかなという感じですが、髪の補修力は抜群。

パーマやカラーの繰り返しでパサパサに傷んだ髪でも、つやつやサラサラな手触りになるくらいですから、日焼けでパサついた髪にもおすすめです。


シュワルツコフ BCクア カラースペシフィーク ヘアマスク 200g

新品価格
¥2,100から
(2017/8/25 14:19時点)





トリートメントを髪に塗布して髪を優しくマッサージしたり、キャップをかぶって5〜10分ほど置くと、より効果大。(補修成分がキューティクルの内部に浸透するので)

ただし、頭皮が炎症を起こしている間は、髪のケアは控えてください。ケアを行うのは、頭皮が回復してからです。




髪や頭皮の日焼けを防ぐためにできること

髪や頭皮の日焼けを予防するためには、日ごろから体や顔と同じように日焼け止めを塗ったり、できるだけ帽子などで日差しを遮るようにしてください。

髪や頭皮に日焼け止め!?
なんて思われる方もおられるかもしれませんが、スプレータイプの日焼け止めであれば簡単に塗れます。

日焼け止めを利用するのであれば、なるべくベタつきのないさらっとした使い心地のものを選びましょう。

以下、スプレータイプの日焼け止めのおすすめをご紹介していますので、参考にしてみてください。

顔の日焼け止め塗りなおし メイクの上から使える日焼け止めスプレーを活用する



注意点として、髪や頭皮に日焼け止めを用いた日は、しっかりと洗い落とすようにしてください。

日焼け止めの成分が頭皮に残ると、毛穴をつまらせたりニキビができるなど、頭皮のトラブルのもとにもなりかねません。

紫外線トラブルを防ぐために日焼け止めを使ったのに、その日焼け止めでトラブルを起こしていては本末転倒ですよね。

しっかりと洗い落すようにしましょう。




関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp