パーカーを羽織っていたのに日焼けしてしまったのはなぜ?:日焼け止めを極める!

様々な日焼け止めを使用している管理人が、日焼け止めのあれこれについて解説するサイトです。日焼けやシミ予防を心がける方、興味をお持ちの方に。

パーカーを羽織っていたのに日焼けしてしまったのはなぜ?



日焼けを防ごうとパーカーを羽織っていたのに、なぜだか少し日焼けしてしまった…なんて経験をされた方、どの程度おられるでしょうか?

上着を着ると、上着の生地によって日差しを直接遮ることができます。ですので、日焼け止めを塗った上で上着を着るのであれば、紫外線を高い割合でカットできるでしょう。

しかし、日焼け止めを塗らずにパーカーなどを羽織った場合、場合によっては日焼けしてしまうこともあるのです。

なぜでしょうか?




上着で紫外線を完全にカットできるわけではない

なんとなく、パーカーなどを羽織っていると紫外線を完全に遮断できているような気がしますが、全ての紫外線をカットできるわけではありません。

生地の種類や色味、厚みによっては、紫外線の半分もカットできない可能性があるんです。

以下をご覧ください


【以下の順で紫外線を通しやすい】

白、ピンク、ブルー、黒



生地の色が白っぽいほど紫外線を通しやすく、黒に近づくほど紫外線を通しにくくなります。

もちろん素材が何であるのかにもよりますが、黒い生地だと90%以上もの紫外線をカットできることに対して、白い生地は半分以上もの紫外線を内側へ通してしまいます。





また、素材によっても紫外線の透過率(紫外線を通す割合)は異なります。


【紫外線を通しやすい生地】

綿
ナイロン




【紫外線を通しにくい生地】

ポリエステル
羊毛



さらに当然ですが、生地の厚みや織りかた(目の詰まり方)によっても紫外線透過率は大きく異なってくるんですよね。




これらのことを考えると、夏に着やすそうな白い綿の薄手のシャツなどは、紫外線対策には適さないことがわかります。

腕や足など、服から出ている部分にだけ日焼け止めを塗っていれば大丈夫…なんて思われていた方は、考えを改めたほうがよさそうです。




紫外線対策として上着を羽織るなら UV加工を施したものが安心

もし、上着を羽織ることで紫外線をカットしようと考えているのなら、厚みがあって紫外線をカットしやすい素材を使った上着を羽織るか、もしくはUV加工が施された上着を用いると安心です。

最近は紫外線を気にする人が多いからか、UV加工が施された衣服は多く、ファッションの好みなどで選びやすいと思います。



ただし、UV加工の衣服を利用する場合には注意点もあります。

「UVカット加工」とひとまとめにして述べていますが、加工方法には生地自体にUVカット成分を織り込む方法と、生地の上からUVカット成分を塗布する方法とが存在します。

前者は、成分が生地の内部に織り込まれているため、洗濯をしても効果が落ちにくいのですが、後者の場合、生地の表面に成分を塗布しているだけであるため、洗濯を繰り返すことで大幅にUVカット効果が落ちる可能性があります。

UVカット加工が施されているから大丈夫だと思って着ていたのに、日焼けしてしまった…なんてことにならないようご注意ください。




衣服にUVカット効果を付加する方法

先にも述べた通り、UVカット加工が施された衣服でも、洗濯によって効果が落ちる場合があります。

UVカット効果が残っているかどうか心配な場合は、市販のUVカットスプレーや洗剤を利用すると良いでしょう。

そういったアイテムを使うことで、衣服に紫外線カットの効果を持たせることができます。


KAWAGUCHI 衣類の紫外線カットースプレー 420ml

新品価格
¥1,224から
(2017/8/25 16:08時点)




UVカット 洗濯洗剤 液体 ベビーフローラルの香り 本体 800ml

新品価格
¥573から
(2017/8/25 16:09時点)





素材によっては利用できない場合があるため、使用前にはよくご確認ください。

衣服だけではなく日傘であったり、素材さえ問題なければ部屋のカーテンにも利用できますので、紫外線を気にしている方は1つ持っておくと便利かもしれません。



関連記事

どうする?日焼け止めの疑問

    メールはこちら。
    全角を半角、記号を@に変えてください。
    sunscreen▲■svk.jp